33都道府県114会場目 岡山県浅口市おかやま山陽高校 Hamburger Live Party

ついに、ついに実現しました!
おかやま山陽高校調理科とギター部とのコラボイベント!!

もう何ヶ月も前から構想を練っていた日。

おかやま山陽高校との出会いは、キャンピングカー購入資金募集プロジェクトCampfireを通じて、私たちの活動を校長先生が知ってくださったのがきっかけ。

しっかりお名前を載せて、ようやく岡山に到着しましたー!!

原田校長ともやっと、やっとお会いできました。
SNSでお知り合いになり、その後もネット上でのやりとりのみ。それにも関わらず北海道から出発した当初からずっと見守ってくださっていました。

岡山での日々が濃すぎてどこからお話したらいいのやら…

ちょっとさかのぼってみまーす。笑

イベントの前々日にはRSK山陽放送のテレビ出演をさせていただきました!

今回のイベントにあわせておかやま山陽高校の調理科の皆さんが作ってくれたハンバーガーの試食をしたり、生演奏をしたり、ライブの告知をさせてもらったり…充実した特別な時間。

この日共演をした調理科のみんな。

国司さん、RSK山陽放送の皆さんありがとうございました!!

天候が心配だったライブ当日は超夏日!!
ケチャマス号が高校に停車しているというレアな瞬間。笑

ステージは調理科の教室の隣にあるなごむテラスにて。
ステージもセッティングしてくださり、ドラムセットも。
日が沈むと風が心地よくて、外で演奏するのは最高!!

先生方によるバンドやギター部のみんなも演奏してくれた!!
写真は学生のみんな。
上手い!!
私も高校は軽音部に所属してバンドを組んでいたので、文化祭で演奏したことやその時代のことを思い出し甘酸っぱい気持ちになってしまった。
でも彼らはあの時の私たちよりずっと練習熱心だと思う。

調理科のキッチンではハンバーガーの準備で大忙し!

ハンバーガールズが持って来てくれたよ。

その名も、空飛ぶ!フライングバーガー。この日のためだけに試行錯誤を重ね特別に作ってくれたの!!
カリカリのベーコンが羽根の様に見えるところからフライングバーガーと名付けたそう。
美星牛100%のパテとカリカリベーコンのコンビネーションが最高においしかったです。オニオンリングやフライドポテトも全て手作り。さすが!調理科!!

そして私たちのライブ。
開放的な空間と蝉の鳴き声が気持ちよかったー。父兄の皆さんや卒業生の方たちなどが沢山お集りくださり、超ノリノリで楽しんでくれました!

Hamburger Songでは生徒さんとのコラボステージ!!
事前にお会いできる訳もなく、音源と譜面と動画を送って準備しておいてもらったんだけど、当日の事前リハでちょこっとあわせるだけだったのに最高の仕上がりになりました。
やっぱりすごい練習熱心なんだと思う。

ギター部のみんなとはリハから一緒だったからゆっくりお話することができたんだけど、普段から楽器を習いに行ってたり(しかも偶然その先生が私たちの友達だったっていう!)、中には「学校を選ぶ時にギター部があったのが大きかった」っていう子も(これ、言ってよかったかな。笑)いて、音楽に対する純粋な熱意に私自身すごい刺激を受けました。

そして何より、こういう場を設けてくれるおかやま山陽高校ってめちゃファンキーな学校だなって。
校長先生は「学生にとっていい経験になるかどうか、それが大事」というスタンスで普段から物事を決断されているとおっしゃっていました。
私も自分の出身校は大好きだし、あの頃の思い出はかけがえのない宝物なんだけど、こういう経験をさせてもらった記憶はないかなぁ。
どっちかというと先生とは衝突していた気がするくらいだし。。。笑
だからこの日の実現は本当に素晴らしいと思った。先生が「やってみる?」って提案して生徒が「やる!」って決めて、考えて、試して練習して、実行するなんて。それも、先生とそれぞれの分野で学んでいる生徒が一緒になって成功に導くなんて。
そんな学校の姿勢に感動しました!そういう学校があるって知ることができたのも嬉しいけど、そこで一緒に「経験」できたことが何より光栄です。

Sleepyhead Jaimieとして参加した私たちのしたことが、若い彼らにとっての「いい経験」になっているといいな。

大人の私たちに最高の経験をくれた、ギター部のみんな、調理科のみんな、本当にありがとう!
そして何より、大きな器を持って見守り、サポートしてくださったおかやま山陽高校の原田校長、教員の皆さん、ありがとうございました!!

ホープ達よ。
いつかまた日本のどこかで会いたいな。
もしかしたら一緒に仕事ができる日がくるかもしれない!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA