【番外編】71店舗目 大阪枚方HANG ON★CAFE/guchibank presents PrsnT in OSAKA

71店舗目大阪府枚方市HANG ON★CAFEにて!
この日はただのハンバーガーパーティーではなかったのです。
タイトルにもあるようにguchibank presents PrsnT in OSAKAなんです。
何から説明したらいいのやら。。。

そもそも残響レコードというレーベルが渋谷でやっているCDショップがあるところから話は始まるのだけど…。そのお店のスペースを使って行っているトークライブがPrsnT(プレゼント)。
日本の「今」(present) をリアルタイムで駆け抜けているインディペンデントな人達が、プレゼンテーション (present) を通して 未来の日本に向けてプレゼント(present) する、というテーマで渋谷で毎週月曜日に行っているのです。
ジェイミーがHamburger Songをハンバーガー屋さんで歌い始めるという「インディペンデント」な活動をする様になってから、色々なご縁がつながって出会った「塾」。実際PrsnTを発足した残響塾から音楽をプロモーションするための様々なツールを教えてもらったというのもまぎれもない事実です。
今、私たちがiTunesにアルバムの楽曲を配信できていることやCampfireでプロジェクトを立ち上げることができたのも残響塾からのヒントだったりするのでこのツアーを一緒に作ってくれた大切な場所。

さて、説明が長くなってしまったけど、詳しくは…検索してみてください!笑(もう敢えてリンク貼らないw)っていってググっても実は結局実態がイマイチ分からないようになってるので(敢えてそうなっているらしい)、本当に気になった方は是非どこかの町で行われているPrsnTに参加してみてくださいな。それが一番早いわ。笑

今回は私たちがプレゼンターとして、guchibankという団体が主催して大阪で毎週行っているPrsntで講演をしてきたわけですね。
(ちなみにguchibankさんは私たちのキャンピングカー購入プロジェクトのパトロンさんでもある!)
ふー、ここまで来るのに30分かかった。

プレゼンのタイトルにもある様に「ジェイミーはどうして音楽で食えてるのか」ということについて徹底的にお話してきました。
普段はこんな感じでライブしています、という体験も含めてライブをご披露した後のトークメインのイベント。

【Part1】自己紹介
Sleepyhead Jaimieって、いったいどんなアーティスト?

【Part2】
この”音楽業界氷河期”に
「なんで売れても有名でもないのに、
 ジェイミーは音楽で食えてるの?」

【Part3】実際どのくらい”食えてる”の?
ジェイミーのツアー会計表を公開!

【Part4】まとめ:ルールを破る方法
ジェイミーのやり方を、あなたの「××で食いたい」に活す為に。

こんな感じの目次。急遽ステージの奥に設置されたプロジェクターにスライドを映し出して、Part3では実際に今月の収支をぜーーんぶ洗い出してそれを公開しての丸裸っぷり。笑
ギリギリではあるけれど現段階では黒字を毎月出しているツアーを続けている事実とそこまでたどり着くまでのメンタル的な変化だったり、私たちなりの方法をお伝えしました。

参加してくださったのは会社員の方から大学生や高校生の学生さんまで性別や年齢層も幅広かった!
中でもミュージシャンの方が参加してくれたのはうれしかったな。
私たちはこういう方法に今たどりついているけどミュージシャンの数だけ方法があると思うから、それぞれが最も輝く「ビジネスモデル」を見いだすための何かのきっかけになればとても幸せだし、私たちもその新しいモデルをどんどん見ていきたいから。

一通りプレゼンが終わった後に質疑応答の時間があるのだけど、質問をされるのはとてもいい機会で。
自分では気づかなかった(もしくは意識していなかった)ポイントを教えてもらえる絶好のチャンスですよね。すぐお答えできる質問もあれば、少し時間が必要なものもあるけど。
中でも「30年後どうしていると思いますか?」という質問があったのだけど、一瞬の内に頭の中でぐるぐるーって想像して出た答えは、

「ステージに立って、ライブをしていると思います」

という言葉でした。
私も女だし、ぶっちゃけ「何歳までキャンピングカー生活ができるのだろう」とか、「子供を育てることはできるのだろうか」とか考えるよ。笑
ただ例えそれらを全てやったとしてもやらなかったとしても「ステージに立って、ライブをしている」というライフワークは変わらないのだ、とその一瞬で感じたのでした。
この言葉が自分の口からすっと出た時、自分をものすごく客観的に感じている自分が居たの。
何か不思議な感覚。

すわがよく話している、「人生【を】楽しむのはもちろん、人生【で】楽しむ」っていうモットーは私にとってもモットーでもあって。
自分を人生というボートゲームの中のひとつのコマとして扱えた時に、抽象度があがって、更に広く自由な発想ができると信じて音楽をしています。
必ずいつかは終わる人生。環境や状況は変われど、30年後(つまり60歳だ!)もステージに立っているといういくつか先のマスに自分を置けた夜だったのかな、と今思った。


さて、ハンバーガーももちろん!
この日はハンバーガーパーティー×プレゼンという夢の様なコラボレーションだったので、お話している途中に皆さんにはチーズバーガーが運ばれておりました。


こちらはライスプレートでタンドリーチキンやビーフ、ポークなどのおかずを全部乗っけた奇跡のプレート。プレゼン前にがっつりいただきました♪ボリューム満点で超満足ー!二人でシェアしてちょうどよかった。


そうそう、こちらのお店にはステージが常設してあって、機材やPAも完備。
ライブを不定期で行っている全国でも希少なハンバーガー屋さんだったの!!


HANG ON★CAFEの皆さんと。
今回はguchibankさんが主催だったのでお店の方とお話したのはこの日が初めてだったのだけど、一日が終わる頃にはものすごく打ち解けて、結局閉店間際までお邪魔してました。
今度はがっつりライブもしに伺いたいな。

質疑応答タイムの中のもうひとつの質問で「このツアーを通じてよかったと思うことは何ですか?」というのがあったのだけど、私は「旅をすることで人生自体がシンプルになったので、自分が本当に価値あると感じるのはどういうものなのかというのがはっきりしたこと」とお答えました。

その時は「それは何か」というお話はしなかったのだけど。
ひとつではないけど、私にとってそれは「自分以外の人々」、というのはとても大きいと感じてます。
新しく出会う人、仲間や友人、そしてパートナー。
一人だったら何もできないって思ってるけど、逆に「二人以上いれば何でもできる」って信じてるからそんな仲間が増えて行くこの旅は私にとってはものすごい価値のある時間なのだよね。

======================================================

HANG ON★CAFE
072-890-0890
〒573-0012 大阪府枚方市松丘町19-10
11:00〜26:00
木曜定休
http://hangoncafe.net/

======================================================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA